産業医への転職成功事例- 5件

【転職成功事例5】医局を辞め産業医への転職を決意

2018年02月15日 16:21産業医への転職成功事例

医局を辞めて転職をした理由


大学病院で長年勤め、それなりに地位も向上し、しかし私はその医局を辞め、産業医へと転職をすることにしました。

その理由は、よくあるものです。
地位が向上するに従い派閥の影響力を強く受けることになり、それを伴った人間関係に辟易した、これが私が医局を辞めて転職を決意した理由の大元です。

産業医への転職を決意したのは、年齢的にも丁度いいと感じたことも理由の一つでした
ハードな仕事ができなくなり、加えて、長時間のオペにも耐えられなくなってきたと感じていた私にとって、産業医という職種に魅力を感じていたことは間違いありません。

共に働く医師は、産業医の場合、多くても数名です。
企業内に派閥のようなものが存在していたとしても、それとは距離を置いて働けるのではないかと感じていたことも否定できません。

少なくとも、医局よりは働きやすいだろう、そうした気持ちが強く、それが転職へと私の背中を押してくれたのです。

転職時の希望条件


産業医としての役割を一通り任せてくれる企業を望んでいました。
限定的な業務ではなく従業員ともしっかりと接することができ、もし勤務環境等に問題があれば適切な指導をすることが許されること、また、それを受け入れてくれる企業への勤務が私の第一条件でした

年収は、やはり1,000万円以上は欲しく思っており、正規での雇用を希望していました。
可能な限り、医師としての経歴や経験を考慮し待遇等を決定する柔軟な企業であればと考えていたことも付け加えておきます。

産業医になることで引越しをしたり単身赴任をしたりということも考えてはいなかったため、大阪市内か、もしくは自宅から通える範囲での勤務を希望していました。

転職までの流れ


私が最初に相談したのは、転職サイトです。
検索型に特化したものではなく、転職サポートサービスのあるサイトです。
面談を重ね、こちらの希望を伝え、丁度いい案件があると紹介を受け、そこへと転職したという流れとなっています。

紹介を受けたのち、私は医局へ退職する旨を伝えました。
多少難色を示され少々ですが慰留もされたものの最後は上司に折れてもらい、円満退職と言えるかどうかはわかりませんが、それに近い形で退職することができました

退職前に、自らのキャリアを整理し、産業医としての自覚も高め、その上で面接へと臨みました
こちらとしても非常に良い印象を受けたのですが、相手側もすんなりと受け入れてくださり、意外にも最初の応募先での採用が決定したのです。

応募書類の作成や面接に関してのアドバイス、応募先企業の情報提供などしてくださった転職サイトの担当者の方には感謝しています

結果的に、無事に転職活動は1ヶ月強で終了し、現在では医局にいた頃には考えられないほど伸び伸びと仕事をさせてもらっています。


【転職成功事例4】未経験可の求人で産業医に転職

2018年01月18日 16:13産業医への転職成功事例

未経験から産業医を希望した理由


私が産業医への転職を希望したのは、その働き方が自分に合っていると感じたからです。
医師として病院で働いてきて、そうした施設での勤務は、私の体や頭には合ってはいませんでした。
体力的にも削られ、メンタルにもデメリットがあり、これ以上勤務医として働くとキャリアを縮めることになるかもしれないと、そう感じたのです。

産業医へはもちろん未経験からの転職です。
診療所はもちろん、製薬メーカーなどへの転職も検討はしましたが、働き方などを勘案したとき、最も私の望むスタイルにしっくりときたと感じたのが産業医だったのです
なので、未経験から産業医になることを決意しました。

もちろん、不安はありました。
未経験だったことから、産業医が果たして本当に自分自身の望む働き方とマッチしているのかはわからなかったためです。
その点は慎重にリサーチをし、その上で転職に乗り出すことにしました。

転職時の希望条件


週に4日での勤務にも応じてくれる企業、これが私の望んだ転職時の条件です
ただ、この週4日の勤務に固執していたわけではありません。
状況次第ではこのような働き方でも問題がないと言ってくれる企業を望んでいたのです。

規模はさほど大きくないか、もしくは規模が大きい企業であっても、産業医が複数名在籍していること、これも私の希望条件の一つでした
できるだけ無理のない働き方をしたかったということが、その背景にはあります。
ここも未経験であったという点が関係しているのでしょう。

退職には少々時間がかかりそうでしたので、入職日の調整の融通が利き、柔軟に対応してくれる企業であるかどうかも考慮に入れていました。

転職までの流れ


私は退職前に転職活動を始めました。
未経験であったため、すぐに転職先が見つかるかどうか、この点の確証がなかったためです。
ただ、求人を探し出すと意外なほど未経験可の求人も多く安心したのを覚えています。

未経験だからこそ失敗したくないという思いもあったため、転職エージェントのスタッフと協力しながら企業を選択していきました
大阪にも比較検討できるだけの求人があったので、よりこのあたりは慎重に行い、徐々に候補を絞り込んでいきました。

応募する前にちょっとした条件の擦り合わせ等をエージェントのスタッフにしてもらいました。
企業側が一定の理解を示してくれたため、いざ面接に挑み、無事に受け入れてくれることが決定しました。

退職のための活動は、そこからスタートです。
退職までには3週間ほどかかりましたが、条件にも挙げた入職日の調整には配慮してもらうことができたため、退職と同時に転職ができ、非常に満足しています。


【転職成功事例3】大手企業の専属産業医に転職

2017年12月23日 16:11産業医への転職成功事例

転職を決めたきっかけ


医師としての限界を感じたわけでも、勤務状況に大きな不満を抱えていたわけでもありません。
強いて言えば、新しい刺激が欲しかったということでしょうか。
私が産業医というものを目指したのは、これがきっかけです。

産業医は企業での勤めとなるため、医療施設での勤務とは状況が異なります。
相手にするのは患者ではなく企業の従業員。
それは企業全体を守る仕事でもあり、これもやはり医療施設で働く医師とは異なった感覚での業務となると感じていました
そこにも魅力を感じたのです。

正直なところ、サラリーマンのような働き方にも魅力を感じていました。
それでいて、医師としての知識も生かすことができ、何よりも人の命や健康を守るという重要な点については発揮できること、これも産業医への転職を加速させた動機でしょう。

また、人とのコミュニケーションがより密になるような感覚も抱いていました
ここにも自分自身魅力を感じていたはずです。

そうした、様々な点を考慮した結果、やはり産業医しかないのではないか、そう思ったのです。

転職時の希望条件


業務内容は医師免許を持っている人間にしかできないことではありますが、しかし会社勤めということもあり、やはり安定性というものは強く求めました。
その条件をクリアできるものとしては、何よりも専属産業医であること
嘱託産業医では中途半端とまでは言いませんが、私の転職先候補としては適切ではなかったのです。

また、可能な限り大手の企業であることも、条件として考えていました。
これも安定性を考慮しての条件です。

細かな条件ですが、

  • ・年収は1,000万円以上
  • ・大阪府内・アクセス良好
  • ・長期間勤務することが可能

であり、それが事前にイメージできるか否かも希望条件として考えていたところではあります。

転職までの流れ


転職を決意してからは早いものでした。
条件が少々多く、求め過ぎていた点もあったため、最初からエージェントの方に依頼することは決めていました。

転職の流れとしては、エージェントへの依頼、紹介を受け応募・面接、内定を受け取り、転職というものです。
すでに退職は決意していたため、エージェントに相談をし紹介を受けた時点で、元職の病院へ退職届を出し、日程の調整に入りました。

年収などの条件交渉に関してはエージェントの方にお願いをし、また、退職時期に合わせて入職時期の調整も多少お願いしました。
さほどスケジュールに狂いは生じなかったため、退職と入職に関してはあまり迷惑をかけることはなかったと思いますが、この点は決断と行動が早かったことが良い方に転がった形です

無事、従業員10,000人弱の大手企業の専属産業医へと転職できたわけですが、福利厚生もしっかりとしていますし退職金制度も適用されるため、大変満足しています。


【転職成功事例2】嘱託産業医として転職に成功

2017年11月09日 16:08産業医への転職成功事例

嘱託産業医に転職を決めた理由


産業医というものに興味を持ったのは、生活環境の変化とともに、そろそろ別の分野に挑戦したいと思ったからです。

医師として病院で働き、患者と接することは特に苦ではありませんでした。
むしろやりがいを感じていましたし、つい最近までは、一生この働き方を続けるだろうとも感じていました。
顕著に産業医というものに意識が傾きだしたのは、子供が生まれてからです
出産し、数ヶ月間の子育て期間を経て職場に復帰しましたが、その時には心境の変化があり、同時に、他の世界にも興味を持つようになっていました。

その中でも嘱託産業医を選択したのは、非常勤という形で勤められる点が大きかったのは間違いないでしょう
常勤でも土日は休め、残業等もまずないのが産業医となるメリットではありますが、やはり子供との時間や家庭との両立を考えた時には、嘱託という形がいいのではと徐々に考えるようになっていったのです。

産業医というものに対しては、もちろん認定のための研修も修了していましたし仕事内容に関しても把握していましたが、やはり実際に携わってみるまでは不安があったのも事実です。
嘱託産業医を敢えて選択したのは、こうした点も関係しているのかもしれません。

転職時の希望条件


転職先に求める条件としては、第一に嘱託産業医で非常勤で働けること
その理由は上で示した通りです。

収入などの待遇面では、嘱託である以上どうしても下がってはしまうのですが、800万円あたりの年収は確保したいと考えていました。
もちろん残業がない点、当直などもない点は条件というか、当然のものとして捉えながら求人を探していきました。

子供がいるので、こうした事情も一定配慮してくれることも企業には求めていました。
もちろん、全てのわがままを聞いてもらおうとまでは思っていませんでしたが、常勤の産業医がいたり、あるいは複数の嘱託産業医がいた方が、この点についても融通が利くであろうと思っていた節はあります。

また、未経験でも応募が可能であること、これも一つ企業に対して求めたかった条件です
転職後の条件ではないものの、転職活動を始める上では重要な条件になったことは間違いありません。

転職までの流れ


産業医の求人がそこまで多くなかった点が意外でした。
需要は多いと聞いていたのですが、離職率が病院などの医療施設と比較すると低いようで、新たな求人情報が頻繁に出るという状況にはないようです。
自力で求人情報を集め転職することが難しいと判断した私は、人材紹介会社のキャリアコンサルタントを頼ることにしました。

上で挙げた条件等を提示すると、いくつかの求人があると紹介していただくことができました。
それぞれをコンサルタントとともに比較し、求人票には現れてこない情報も受け取り、一つを選択。
そして、応募。

非公開求人ということもあってか、応募から面接、そして内定までは1週間以内に全て収めることができました
これほどまでに良い流れで転職が進むと思っていなかったので、この点には意外性がありました。

退職活動はその後行い、大きなトラブルもなく転職。
トータルで1ヶ月にも満たない転職活動でしたし転職先にも満足しているため、個人的には100点満点の転職であったと確信しています。


【転職成功事例1】激務に疲れ病院勤務から産業医へ転職

2017年10月06日 16:05産業医への転職成功事例

産業医に転職を決めた理由


私は大学病院で外科医として勤務していました。
元々過酷な業務になることは当然覚悟の上でこの領域を選択し、また、しばらくはやりがいも強く感じていました。
ただ、やはり年齢や疲労の蓄積には勝てず、徐々にこの領域から離れることを考えるようになったのです。
これまでの経験も生かし病院内で専門分野を変更する、あるいは転科を機に勤める職場を移るなど様々な選択肢を模索しましたが、その時にふと興味を抱いたのが産業医でした。

産業医であれば、医局で働くほどのストレスは感じません
それは精神的にも肉体的にもです。
激務に疲れていた私は、その時点で既に産業医へと心が動いていたのでしょう。

年齢的にも丁度よく感じていました。
もう少し若ければ病院や診療所で働くという選択肢もありましたが、この先は自分の体のことも考えなければならず、そうした理由からも産業医への転職がベストであると結論づけたのです。

転職時の希望条件


私が転職時に希望した条件は、何よりも激務からの解放でした。
産業医はそもそも大学病院で働く外科医のような過酷な現場で働くようなことはないため特に心配していたわけではありませんでしたが、やはりそれが転職の原因ともなっていたので、比較的ゆったりと働くことができ、残業や休日出勤等がないのも大きな条件として考えていました。

また、専属産業医であることも、できれば優先させたい条件の一つでした
以前勤めていた病院での激務に疲れてしまったとはいえ、まだまだ定年と呼ばれる年齢までには到達していません。
非常勤での勤務になると収入面でも大幅に減ることになるため、やはり常勤で勤めることができる専属産業医も外すことが難しい条件でした。

転職までの流れ


私の場合、幸い産業医への転職に興味を持ち、インターネットを利用して大阪の産業医の求人を調べたところ、いくつかヒットしたので、そこに応募をさせてもらいました。

医師専用の求人サイトを利用したことは言うまでもありません。
もし見つからないようであれば転職エージェントを利用しようと考えていましたが、タイミングが良かったのか、公表されている求人がいくつかあったため、応募まで非常にスムーズに運ぶことができたと感じています。

応募をしたタイミングでは、まだ医局は辞めていませんでした。
応募後の動向が掴めなかったからです。

ただ、応募した後、1週間後に面接を受け、その数日後に内定をいただくことができました。
そこには非常勤の産業医もいたため入職自体は急いでいないと言ってもらったことで、大学病院側にも迷惑をかけずに転職できた点も、非常にタイミングが良かったと感じています。

その後、1ヶ月は経っていませんでしたが、無事に大学病院を退職することができ、次の週からは内定をいただいた企業で働いています。

流れ的にもスムーズでストレスなく転職できたのは、やはりタイミングが丁度良かったからなのでしょう
あまり迷わずに転職を決意して良かったと感じています。


  • 1