大阪府の産業医の求人・転職動向を知る


競争率の高い"産業医"の求人


医師として大学病院などで研修・臨床を学び経験したあと、医療機関からは距離を置き、しかしこれまでの経験を存分に活かしながら社会などに貢献したいと考える医師も少なくないでしょう。
もちろん全体数で見れば少数ではありますが、そうした考えを持つ人の転職先には“産業医”が存在し、近年、産業医についてのセミナーが多くの医師から注目を集めるようになってきています。

医療機関と比較すれば、産業医を求める企業の求人数は決して多くはありません。
しかし、前述したように医師からの注目度は高まっているため、現在では競争率の高い転職先となってきている点が大きな特徴です

全国規模で見ても、おそらく数十件ある程度ではないでしょうか
大阪府内に限定すれば、数件あるかないかといった求人数となるでしょう。
その数件の求人案件を多くの医師が取り合うわけですから、競争率が高まってしまうことは仕方がないのかもしれません。

求人内容は、企業によって少々差がありますが、年収は1,000万円前後に設定されている企業が多いでしょう。
フルタイムの勤務で土日祝日休みという案件が多いようです。

産業医に興味があるのであれば、求人が出た際に早めに応募の決断をすることをお勧めします。
少しの躊躇がチャンスを逃すことになる、それが競争率の高い産業医であると思っておくべきでしょう。

大阪府の産業医の転職動向とは


大阪では、産業医から別の企業の産業医へという転職よりも、医師から産業医へと転職する人の方が多いようです。
また、医師として医療機関で働くことにデメリットを感じる、あるいはネガティブな状況から脱するために産業医へと転職する医師も後を絶ちません。

医師として特に大規模な病院で働いた経験があれば、これは頷ける点ではないでしょうか。
当直やオンコールは心身ともに疲労する原因となりますし、患者も様々であるため、それに日々対応することは簡単なことではありません。

一方で、産業医であれば企業の従業員を相手にするため、例えば、モンスターペイシェントと呼ばれるような存在と出会うことは稀です。
また、勤務時間も一定で残業もほぼなし、土日や祝日、年末年始や大型連休なども企業ごとのカレンダー通りに休めます。
そのため、この点に魅力を感じる医師がいても全く不思議なことではないでしょう。

ただ、やはり多くの募集がないことと、産業医になるためには医師免許とは別に研修や講座、試験などを受けていなければならないため、誰にとっても容易く転職できる先というわけではない点は認識しておく必要があります。
コンサルタントサービスなどを利用して大阪で産業医の仕事を探す場合であってもそれは当てはまりますから、希望や憧れのみで転職できるとは考えない方がいいのかもしれません。

大阪府で求められるコミュニケーション能力の高い産業医


産業医に求められるのは、医療の知識のみではありません。
何よりも求められるのは、コミュニケーション能力の高さです。

医療従事者ではない企業の人間と仕事をするわけです。
病院に足を運ぶ患者とも異なる性質を持っている人たちを診なければならないため、医師よりも高いコミュニケーション能力が求められることは間違い無いでしょう。

産業医は可能性を探る能力も求められる


あらゆる可能性を探る能力も産業医には求められます。
衛生環境の悪い職場というのは以前よりも随分と少なくなってきましたが、何が原因で従業員の体調に異変があるかはわかりません。
それを事前に感じ取り、必要な改善や措置を講じさせることも産業医の大きな役割の一つです。
それは衛生環境に留まらず、長時間労働など企業の強いる労働環境にも及びます

大阪では多くの企業・工場が存在し、そこでは多数の従業員が働き、しかし労働環境のあまり良く無い職場もまだ残っているため、他のエリアよりも、ずっとこの能力が産業医には求められることになるでしょう。


現役産業医として働く先生へインタビュー

どのようにして現在の産業医の求人を知りましたか?
転職エージェントの方にお世話になりました。

また、産業医として働くのは今回で2回目になりますが、初めて臨床から産業医に転職したときも医師専門の転職サイトのエージェントを利用しました。

現在、産業医としてどのようなスタイルで働かれていますか?
専属ではなく、嘱託産業医としてアルバイト的に働いています。

週1回程度自分の空いている時間に企業に赴き、産業医として仕事しています。

他の産業医の先生方も嘱託産業医として働かれていることが多いのでしょうか?
企業の専属産業医よりも嘱託産業医として働く医師の方が多いと感じます。

私の周りでは、企業の正社員になって専属産業医として働く医師はほぼいないと思います。
普段は大学病院やクリニックなどで勤務医や開業医として働くかたわら、アルバイト的に産業医の仕事をしていることが大半です。

産業医のメリットを教えてください。
1番はワークライフバランスが保てる点だと思います。

確実に言えるのが、勤務医よりもワークライフバランスが取れるということだと思います。
最初は収入は低いですが、徐々に経験を積み大手企業の専属産業医になれば年収1500万円程度もらうことも可能です
定時で帰れますし、自分の時間を犠牲にすることなく安定した環境で高収入を目指せる点も産業医のメリットだと思います。

産業医のデメリットを教えてください。
大きなスキルアップが望めない点、場合によっては収入に困る点だと思います。

職場に切磋琢磨し合う仲間がいないという点に関しては産業医のデメリットだと思います。
医師は自分一人なので、勤務医のようなスキルアップは望めません。

また、嘱託産業医の場合は収入や勤務形態が安定しないため、人によってはデメリットになる場合があります。
専属産業医にならない限り、自分でスケジュールを上手く調整をして収入を確保する必要があります。

転職エージェントを利用した感想をお聞かせください。
的確なアドバイスをいただき、非常に助かりました。

特に、臨床しか経験のない状態から初めて産業医の仕事を探していた時は、産業医として働ける企業をどうやって知ることができるのか分からず、最初は一人で苦労していました。
そのため転職エージェントの方に相談しましたが、的確なアドバイスや求人を紹介していただけたので、非常に助かりました。
現在の企業の産業医に転職する際にも再びお世話になり、自分ではなかなか見つけられないような希望にマッチする企業を紹介していただきました。

どんな医師に産業医として働くことをおすすめしたいですか?
コミュニケーション能力が高く協調性があり、自分の時間を大切にしたい医師におすすめです。

まず、コミュニケーション能力が高い人や協調性がある医師が産業医に向いています。
産業医には、社員から問題点を聞き出し、あらゆる可能性を探る能力が求められます。

ワークライフバランスを保てるので、自分の時間を大切にしたい医師にもおすすめです。
また、社員の労働環境改善やビジネスに関心のある医師にもおすすめです。